印鑑をゴム印にしたい


今回は“印鑑の中でもゴム印の購入”についてのお話です。お買い物をした際にいただく領収書やパートタイム契約時の契約書などでよく見かけるゴム印は、実印をのぞけば最も一般的に普及している印鑑の1つです。100円市では猫や犬などかわいい動物やキャラクターデザインのミニサイズの印鑑を見つけることができますし、お手製年賀状用印鑑も手軽に手に入れる事が出来ます。もっとも趣味などで使用される印鑑はスタンプと呼ばれる事が多く、印鑑とはあまり呼ばれません。

 

スタンプは印鑑という意味ですから間違いではないのですが、日本では大元での意味で使われる事がありません。これらの印鑑は印面がゴム製なのでゴム印と呼ばれており、柔らかいゴム製ですから日持ちするものではなく長く使っていると、印面が変形してきたり割れてきたり土台から剥がれてきたりする事からもわかるとおり、材質は大変ちゃちですから実印のような使い方はできませんが、緊急に印鑑が必要になったときや手軽に使いたい時は大変便利です。

 

近頃は消しゴムに好きなデザインを彫って作るお手製ゴム印や芋判も人気とはなっていますが、ビジネスやNPO活動などで使用する場合は、市販の印鑑で必要な情報がすべて盛り込まれたものを使用すべきなのは言うまでもありません。大変安く購入できますし通常の印鑑と違い、住所や電話番号などの細かい情報まで印面に挿入出来る点は、なんといってもゴム印ならではの使い勝手良さでしょう。実印とあわせて所有しておいて損はありません。